会津絵ろうそく

トップ・ブランド
会津絵ろうそく

[ 会津絵ろうそく業界基準 ]
自然原料(国内産のはぜの実)を使用し、伝統的絵柄「ぼたん」と「菊」さらには、「四季の草花」を描いたものなどとする

● 会津絵ろうそく ●
会津絵ろうそくは、およそ五百年前会津藩主芦名盛信公が漆の樹の栽培を奨励し、漆の実から最上質の蝋が採れた事から生産が始まり、その後蒲生氏郷公、保科正之公に引き継がれ幾多の研鑽を重ね会津の名産品となりました。
現在も江戸時代から変わらぬ製法で手づくりにより、美しい絵柄、形が仕上げられます。炎は消えにくく、柔らかな温かい暖色で高貴さえ感じます。主に神仏用、結婚式などに飾られます。

販売価格5匁2本入/1600円(税別)
20匁2本入/6400円(税別)
販売元 小澤蝋燭店
TEL 0242-27-0652

※トップ・ブランドとは、会津地域らしい地域イメージ(自然と伝統)の産品であり、会津地域内で生産される良い原料のみを使用し、会津の伝統的または事業者等の独自製法や技術などを用いて生産され、安全・安心・信頼性は勿論のこと、品質最高位、高級品・貴重品等として希少性の高い産品。

※地域こだわりとは、会津地域内の良い原料を使用し、会津の伝統的方法や技術もしくは事業所等の独自的製法・技術・(特許・実用新案)などを用いて作り出され、他地域に対する優位性、独自性を打ち出される要素を持ち、安全・安心・信頼性は勿論のこと、品質の規格が統一され安定供給ができ、市場性が高い産品。