会津ブランドについて

会津ブランド「会津 史・季・彩・再」

会津は長い歴史と伝統に培われた漆器、清酒など伝統的産業が栄え、豊かな自然に育まれ米、野菜、果実など豊富な農産物も生産され、他地域にはない優れたモノや文化など多くの資源があり、「会津」の知名度は既に全国区にあります。

そこで、会津ブランド推進委員会では、「会津」という全国に知られる知名度を最大限に活用し、会津の優れた歴史、伝統、文化、人物、自然、景観、地域産品などあらゆる資源を掘り起こし、さらに磨きをかけ、地域住民が自信と誇りを持ち、誰もがその価値を認めるものを会津ブランド「会津 史・季・彩・再」として、地域が一体となり全国にアピールすることによって、会津のイメージを高め、地域産品の販売促進や観光誘客の拡大に貢献して、地域の産業振興と活性化を図るため「会津ブランド推進事業」を展開しています。

この度その事業の一環として、会津の優れた素材、技術等を活かし、会津でしかできない、本物にこだわった魅力ある地域産品を認定基準にもとづき審査を行い、「会津 史・季・彩・再」地域産品ブランドとして認定致しました。

会津ブランド推進委員会では、これら地域産品を含め、会津が全国に誇れる多くの優れたものを会津ブランド「会津 史・季・彩・再」を旗印に全国に発信し、会津の素晴しさを全国の方々に知って頂きたいと考えております。

マーク&ロゴの解説

「会津 史・季・彩・再」とは、会津は古い歴史と四季の美しさ、さらに祭り、温泉など華やかさがあり、不思議な魅力を持ち再び訪れたくなるまちという意味です。

マーク

歴史に会う、人に会う・・・会津は伝統と革新(紺と黄色の弧)が交わり新しい何かが生まれる場所。いつも素晴らしい出会いの場でありつづけて欲しいとの願いを込め、「会」という字をモチーフにデザインしました。マークの中の駆け出す人は未来の会津を作り出すパワー・情熱を具現化したものです。

ロ ゴ

「会津」は赤べこをイメージし、丸みの帯びたフォルムにすることで、親しみやすさと会津のあたたかさを表現しました。「史・季・彩・再」は会津の各所に残る大正浪漫風のレトロな建物の雰囲気をイメージし、歴史や伝統に縛られない軽やさを取り入れデザインしたものです。

地域産品ブランド認定基準・事業者要件

「会津 史・季・彩・再」地域産品ブランドは、事業者等からの申請に基づき、会津ブランド推進委員会で定めた下記の認定基準・事業者要件により審査し、認定したものです。

認定基準

トップ・ブランド分野地域誘導型
1.コンセプト

会津らしい地域イメージ(自然と伝統)の産品であり、会津の優れた素材や技術等を生かした会津を代表する産品である。

2.希少性・独自性

①会津地域内で生産される良い原料のみを使用し、会津の伝統的もしくは事業者等独自の製法や技術などを用いて作り出されているもの。但し、伝統料理、伝統的加工品等において、歴史的な背景をもとに他生産地の原料を使用しているものは、この限りでない。

②事業者等が作り出す産品の中で、品質上、最高位のもの。但し、農作物等の生産物(加工品にあたらないもの)においては、有機栽培・特別栽培・特徴的な栽培の何れかにより生産されたもの。

③他産品に対して希少価値を打ち出せる要素を持っているもの(消費者に対し、産品の品質、素材、製法などについて十分説明する価値に値するものをいう)

④高級品・貴重品等としてのポジショニング可能性を保持し、独自性・主体性が高いもの。

3.信頼性

①安心・安全・信頼性の根拠があるもの。

地域こだわりブランド分野外貨獲得型
1.コンセプト

会津らしい地域イメージ(自然と伝統)の産品であり、会津の優れた素材や技術等を生かした会津を代表する産品である。

2.優位性・独自性

①会津地域内の良い原料を使用し、会津の伝統的方法や技術もしくは事業者等の独自的製法・技術(特許・実用新案等)などを用いて作り出されているもの。但し、伝統料理、伝統的加工品等において、歴史的な背景をもとに他生産地の原料を使用しているものは、この限りでない。

②農作物等の生産物(加工品にあたらないもの)においは、有機栽培・特別栽培・特徴的な栽培の何れかにより生産されたもの。

③他地域に対して優位性、独自性を打ち出す要素のある(消費者に対し、生産の品質、素材、製法などについて十分説明する価値に値するものなどをいう)

3.信頼性

①安心・安全・信頼性の根拠があるもの。

②製品の特性に応じた適正な生産、製造、流通、検査体制が整えられているもの。

4.市場性

①消費者ニーズに合っているもの。

②産品に対する生産、製造、品質等の規格が統一され、安定供給が行えるもの。

認定事業者要件

  1. 会津17市町村に所在し、生産、製造、加工等の活動を行なっている。
  2. 組織または自主的な検査体制が確立している。
  3. 責任者、責任の所在が明確である。
  4. 消費者からの苦情、要望等に対する処理体制が確立されている。
  5. 積極的に宣伝・販売促進活動に取り組める。

会津ブランド「会津 史・季・彩・再」に関するお問い合わせ先

〒965-0816 福島県会津若松市南千石町6-5 会津若松商工会議所内 会津ブランド推進委員会事務局
TEL:0242-27-1212
FAX:0242-27-1207
メールでのお問い合わせはコチラ